注目を集めているスーパーフードを利用して美容健康効果を感じてみましょう!

2017年01月07日

ストレスは美肌の大敵! 6つのシンプルでナチュラルなストレス解消法。その2


その1の続きです。



4.栄養価の高い食事をとる



 ストレスを感じると、脳内では、タンパク質、ビタミン、ミネラルが大量に消費します。
 
 脳が栄養失調状態となり、脳内で感情や精神のコントロールをしている物質が
 足りなくなることを防ぐ必要があります。


stress6.jpg


−ビタミンB群の多い食品をとる   
  
  不足はうつ病の原因にもなるといわれる重要な栄養素です。
  ストレスを受けたときは副腎皮質ホルモンをはじめ
  さまざまなホルモンの分泌が盛んになります。
  その際ホルモンの合成に必要なビタミンB群が多く消耗されるため
  補う必要があります。

  卵、レバー、豚肉、ほうれん草、ナッツ類などに多く含まれます。



− カルシウムとマグネシウム

  神経の興奮を鎮め、精神を安定させる作用があります。
  不足すると不眠やイライラ(神経過敏)を招きます。 

  ごま、豆腐、おから、いわし丸干し、あさり 、小松菜に多く含まれます。



− たんぱく質 

  ストレスを感じてる脳内では、大量の神経伝達物質が合成されます。
  脳内では神経伝達物質が、バランスを保ちながら
  感情をコントロールしていると考えられています。
  
  この神経伝達物質の原材料はタンパク質なので不足しないように、
  肉、魚、卵などをを毎日の食事に取り入れる必要があります。
  


− オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)

  DHAとEPAは共にオメガ3脂肪酸に属します。 
  
  DHAはストレスによるイライラ、落ち込み、気力低下などの精神症状を
  緩和します。
  
  興奮や抑うつ状態を緩和する脳内ホルモンのセロトニンに作用し、
  精神を落ちつかせるる作用があります。
  
  EPAは血流を良くすることで、筋肉の緊張がほぐれて
  心身をリラックスさせる効果が期待できます。
  
  毎日の食事に青魚を取り入れることがおすすめですが、
  定期的に食べることができない場合はサプリメントでの摂取が可能です。
  
  オメガ3のオイルは非常に酸化しやすい為、
  ジェルカプセルのサプリメントを選びましょう。   
 


  
5.自然の中で時間を過ごす


自然の中で時間を過ごすことは自律神経のバランスを保つために
効果があると言われています。


stress7.jpg


その1つである森林セラピーは、
医学的な証拠に裏付けされた森林浴効果 のことを言います。


ストレスホルモン、血圧や脈拍数の減少、心理的リラックス状態が高まることが
証明されています。


遠出して雄大な自然を満喫するのもいいですし、時間がなければ
近くの公園を散歩することでも効果を実感できると思います。




6.アダプトゲン、ハーブ、アロマテラピーの活用


アダプトゲンは
ストレス、疲労、不安などに対する抵抗力を高める効果があるといわれています。


アダプトゲンには腎臓をサポートして、ストレスホルモンが増えるのを
抑制する作用があります。


ginseng.jpg


高麗人参、霊芝、マカ等に多く含まれます。


こちらもサプリメントでの摂取がおすすめです。




*********************************************


以上が6つのシンプルでナチュラルなストレス解消法でした。



stress1.jpg



ストレスによる精神的な負荷が強すぎれば必ず肌に影響します。
長い間放置すれば病気の原因となります。


ストレスによる消耗を食事の栄養価で補うと同時に、
ストレスに過剰に反応しない自分に合った方法を
いろいろ試して是非見つけてください。


自分に合ったストレスマネージメントを知っていれば、
日々を穏やかな気持ちで、ポジティブに過ごすことができます。


自分は何が嫌で、何が好きなのか、ゆっくりと自分に向き合って、
自らのニーズを満たしてあげる時間を創ってみてください☆









posted by スーパーフードの美容健康効果を実感! at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーフード 美容健康効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

ストレスは美肌の大敵! 6つのシンプルでナチュラルなストレス解消法。その1


精神的なストレスは不規則な生活、偏った食事、運動不足等と
同様の悪影響を身体に及ぼすという臨床結果が明らかになってきています。


健康な美肌をつくるうえでストレスの影響は
少ないほうが良いことは明らかです。


stress2.jpg


どんな暮らしをしていても、精神的ストレスは多かれ少なかれ存在します。


しかし同じような条件でストレスにさらされても
イライラして肌荒れニキビまで悪化して体調不良に陥る人と、
楽しそうに艶々した美肌で毎日を過ごす人が同時に存在しています。


この違いはストレスに対する個々の反応の仕方と、
自分にあったストレス対処方を身に着けているか否かによります。


6つのシンプルでナチュラルなストレス解消法を紹介します。


これをヒントに自分にあった日々のストレスへの対処法を見つけて
美肌作りに役立ててください。




1.エクササイズ


運動することで脳内で機能する神経伝達物質のひとつ
エンドルフィンが分泌されます。


エンドルフィンは快楽物質で、分泌されると脳の快楽中枢が刺激され、
精神的ストレスの解消に効果があります。


stress5.jpg


ランナーズハイはエンドルフィンによるものです。


美肌作りの為にマラソンランナー並みに走りこ無必要はありません。


ジョギング、水泳、ウォーキング、サイクリングなどの
有酸素運動がおすすめです。


定期的な有酸素運動をにおこなうことで
エンドルフィンの分泌を促し、リラックスして楽観的な気分を
高めることができます。


エクササイズは睡眠の質を高め、ホルモンバランスを正常化するので
美肌効果が抜群です。




2.瞑想


瞑想によってストレスを感じた時に分泌されるホルモン、コルチゾールが
大幅に減少したことが科学的に証明されています。


stress4.jpg


瞑想をしてネットやテレビの情報、仕事や人間関係に振り回される日常から
いったん離れてマインドを静めることで、
記憶力、集中力、判断力などが向上するとも言われています。


精神的なストレスとはそもそも「嫌だ、避けたい」
と感じる出来事に対して起こる反応です。



マインドがクリアーで判断力が高い状態の時は、
ストレスを起こす出来事に過剰に反応しないで、
落ち着いて対処することができるようになります。


ヨガやマインドフルネスなど瞑想のやり方は様々です。


瞑想用の音楽、誘導瞑想、最近は便利なスマートフォン用アプリ
たくさん配信されています。


瞑想方法は人それぞれ好みが分かれます。


瞑想の効果はストレスマネージメントにおいて非常に有効ですので、
いろいろ試して、是非自分に合ったものを見つけてください。




3.鍼


日本で鍼といえば身体の痛みを治療する方法としてのみとらえがちですが、
欧米では精神的なストレスへの効果が証明され評価されています。


stress9.jpg


もともと東洋医学では過度の感情を病因として最も重視されてきた
長い歴史と治療の実績があるので非常に効果を期待できるストレスの対処方法です。





その2に続きます。






posted by スーパーフードの美容健康効果を実感! at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーフード 美容健康効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

健康な美肌は脂質によってつくられる!


美肌と健やかな頭皮そしてダイエットの為に欠かせない栄養素、
脂質について説明します。


oil3.jpg


脂質を摂ることはイコール太ることだというイメージが根強いです。
ダイエットに効果的とされ低脂肪をうたう食品が多く販売された影響でしょうか。


スーパーフードとして高く評価されるナッツ類も栄養価は高そうだけど、
油がいっぱいと敬遠されがちです。


しかし脂質は私たちの身体を維持する為に欠かせない、
5大栄養素の1つで、炭水化物、たんぱく質、ミネラル、ビタミンと並ぶ
必須栄養素です。


脂質はエネルギー源として使われる他に、
細胞膜・血液・ホルモンなどの原料になります。


また、ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助ける大切な役割があり、
肌や頭皮の健康に深く関わっています。



oil2.jpg



脂質と言っても、種類が多数あるので、
美容ダイエット、健康の為に積極的に摂取したい脂質を見分けることがポイントです。


身体に良い脂質を知る為には脂質の重要な構成成分の1つである、
脂肪酸について知ることが必要です。


脂肪酸は簡単に分けると、常温で固まるもの固まらないものに分けることができます。


固まるものは飽和脂肪酸とよばれ肉に多く含まれます。
固まらないものは不飽和脂肪酸とよばれ魚や植物に多く含まれます。


どちらも体には必要であり、一方に偏らないようバランスを摂って食べる事が大切です。



不飽和脂肪酸ですが、大きく「オメガ3系脂肪酸」「オメガ6系脂肪酸」「オメガ9系脂肪酸」の
3種類に分かれています。


オメガ3オメガ6は体内で作りだせないため、食べ物から摂取する必要があります。


オメガ3は魚介類・亜麻仁油・しそ油・えごま油・魚油に、
オメガ6は、紅花油・ひまわり油・大豆油・菜種油・クルミに多く含まれています。


現代の食生活はオメガ6の過剰摂取傾向にあり、
体内の炎症やアレルギー反応を促進してしまいます。



その為積極的にオメガ3を取り入れてバランスをとる必要があります。



オメガ3が多く含まれる食品は、主にサケ、サバ、アジ、イワシなどの青魚や、
くるみ、アーモンドなどのナッツ類があります。


青魚に多く含まれるEPAやDHAはオメガ3に属します。
毎日の食事に魚を取り入れるのが難しい場合は
サプリメントがおすすめです。


オメガ3のオイルは非常に酸化しやすい為、
ジェルカプセルのサプリメントを選びましょう。


oil4.jpg


小腹がすいた時のスナックとして、オメガ3を豊富に含むクルミアーモンド
食べることもおすすめです。


クルミアーモンドには食物繊維も豊富に含まれているので、
少量でお腹が満たされて、整腸作用もあるので
美容とダイエットに一石二兆のスーパーフードです。


美肌と健康の為に脂質を選ぶ際のポイントの1つとして、
どんな質の良い高価なオイルでも、酸化していたら
健康を害するリスクのある危険な油だということを知っておいて下さい。


酸化した油がお肌や身体にもたらす影響は非常に大きく注意が必要です。


そして必ず気をつけたいのがトランス脂肪酸です。


トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸を科学的に加工して作られていて、
健康に弊害があるとされ規制している国や地域が増えています。


マーガリンやショートニングなど、スーパーやコンビニのパンやお菓子には
残念ながら必ずと言ってよいほど含まれているのが現状です。


良い脂質、必要のない脂質を賢く見分けて
健康で美しい肌を創るために積極的に毎日の生活に取り入れてください。












posted by スーパーフードの美容健康効果を実感! at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーフード 美容健康効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする